輸入車買取一括査定について

輸入車を出来るだけ高く売りたいときに便利なのが車買取一括査定です。

輸入車は特定の層に人気があるタイプなので、国産車ばかり扱っている車買取業者では査定が高く付かない場合があります。
しかし輸入車を多く取り扱っているかどうかは判断しにくいです。
そんなときでも車買取一括査定ならいくつかの車買取業者から査定の連絡が来ますので、それぞれの査定を比較するだけで安く売ってしまうのを防止することが出来ます。
買取一括査定によって最大何社まで依頼できるか決められています。
5社のところもあれば30社と多いところもあります。

 

多いほうが比較対象が多くなりますが後の対応が大変です。
多くても5社くらいまでにまとめておけば高く売れる期待度が高い上に対応も楽です。
最初の査定はオンラインなので概算の査定です。
その後に出張査定に申し込みします。
申込した買取業者がいつ自宅に来るのか、オンライン査定ではいくらの値段が付いたか表を作成してまとめておくと分かりやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

ディーラーよりも買取一括査定の方が高値で売れる

輸入車を売却しようとする時、ついついディーラーを使ってしまいがちになるのですが、一社のみの査定で買取を決めてしまっては非常に勿体ないと言えます。
車買取一括査定を使って、多くの専門業者から査定額を引き出し、それらを比較検討することによって、より高く輸入車の買い取ってもらいましょう。
そもそも輸入車ディーラーには競合相手がいません。ですから、必然的に査定額が低く設定されてしまうのです。しかし、車買取一括査定ならば、そこに登録されている業者間による競合が厳然と存在しています。
極端な話、ディーラーのような査定をしていては、買取業者は中古輸入車を仕入れることが出来なくなってしまうわけです。それゆえに少しでも他社よりも高い値段を弾きだし、自分のところに売却してもらおうという競争が始まります。
この流れは売り手であるその輸入車の持ち主にとっては好都合で、結果的にディーラーが査定した金額よりもはるかに高く自らが所有する輸入車を買取してもらうことが可能となるのです。

 

 

輸入車が高く売れる買取サイト

かんたん車査定ガイド
車を売却したいと考えた時に、簡単便利なのが「車査定ガイド」です。

「車査定ガイド」のおすすめポイントは3つ。ポイント1は、自宅にいながらたった「45秒」で、車の査定を一括で依頼できることです。実際に取引された価格から、概算の価格を知ることもできます。ネットだけで、自分で車を業者に持ち込む手間や時間を省くことができるのです。ポイント2は、安心して車査定ができることです。一流の大規模買取業者をはじめ、専門業者まで幅広く提携しているので、どんな車種でも買取が可能です。ポイント3は、最大10社の査定が可能なことです。1回の情報入力だけで複数の業者に査定してもらえるので、その査定額を比較して自分の車の高額買取価格がわかります。
買取までの流れは、無料一括査定に申し込み→買取業者が査定→納得の最高額で売却、となっています。

 

 

輸入車の査定アップを勝ち取ろう

乗り継いできた愛車を少しでも高く売却するために、車を買取り査定に出す前にしなくてはいけない事としないほうがよい事がありますので、確認しておきましょう。

 

まず輸入車を売る前にしなくてはいけない事は、必ず洗車をすることです。
これは基本的なことなのですが、慌ただしさの中で忘れてしまいがちです。
今までお世話になった車に感謝の念をこめて洗車やワックスがけを丁寧に行うようにします。
それが、業者側にもそれだけ愛車を大切に扱ってきたのだというアピールにもなります。
さらに、そのような人はそれまでも丁寧に車を運転していたとい印象を与えることで、愛車の評価も高くなるのです。
買取り業者は少しでも新車に近い状態の車を好みます。
気を付けるポイントとして、いつも乗っている愛車なのでつい見落としがちなのですが、車内の臭いです。

 

特に煙草のニオイを嫌がるお客さんは多いです。
オーナーが喫煙者か非喫煙者かが購入のポイントになる場合も多いですから、ニオイがあるだけで買わない人もいるのです。
これは買取り時の大きな減点になるので気をつけましょう。
喫煙をことさらアピールすることはありませんから、タバコを吸うのであれば、ニオイを消すことを考えましょう。
車内のニオイというのは籠りやすくて、取りづらいのが特徴です。
輸入車に乗っているときからこまめに消臭などを気にしておくと良いでしょう。
香の強い芳香剤も好みに合わないと、たばこ同様に減点ポイントとなるので注意したほうがいいです。

 

逆にしない方が良い事もあります。
それは小さなキズなどの修理です。業者は修理工場との繋がりがあるので、安価な料金で修理をすることができます。
小キズなどはそれほど査定の対象にならないようです。
ただこちらから申告した方が黙っているよりも好印象を与えることは間違いないようです。

輸入車の買取査定が低い理由とは?

輸入車の持つイメージというのは昔も今も変わりません。
それは国産車にはない奇抜なデザインとハイセンスな高級感といったところでしょう。
画一的になりがちな国産車と違って輸入車は台数自体が少なく、それが人とは一味違った車に乗りたいという個性派の心を惹きつけてやまないのでしょう。
しかし、それがちょっとした問題を引き起こしているのです。
一度でも輸入車を購入して手放したことがある人でしたらほとんどの人が体験したことがあると思います。
それは輸入車は購入するときは高いのですがそれを手放すとき、つまり買取をしてもらうときはとても安い値段になってしまうということです。
これは輸入車の宿命とも言えるものなのですが、輸入車の価値というものは国産車に比べて下落率がとても高いのです。
これは出荷台数が少ないことが大きな理由になるのですが、もう一つの理由として国産車にはないその個性的なフォルムにあるのです。個性的さ故に買い手を選ぶと言ってもいいでしょう。
そのため中古車となる輸入車については購入する人が少なくなるのが現状です。販売する側としては売れ残るリスクというものが常につきまとってくるのです。
さらに輸入車は修理するにもお金がかなりかかります。
総じて輸入車は車自体の信頼性が低く、経年劣化などによる修理の回数が増えてきます。
それにはかなりのお金がかかることはまぬがれません。
そのため買取価格をできるだけ押さえて、修理をしてその分が販売価格となって跳ね返ってくるのです。
輸入車は安く買取をして高く売るというイメージもあるでしょう。
中古輸入車の買取となると、それを販売をしなくてはいけない立場となる輸入車買取業者はそのような修理費用も頭に入れておかなければいけないのです。
そのため輸入車の買取価格というのは国産車と比較してどうしても低くなってしまうのです。

買取価格が低いのに販売価格が高くなるのも修理費用やメンテナンス費用にお金がかかるのでそれを上積みした価格となっているのです。
今時、車の販売で暴利をむさぼるような業者はすぐに淘汰されてしまいますから、こと輸入車に関しては相場価格といってもいいでしょう。
輸入車を高く買取をしてもらうのは至難の業といえます。
強いて言うならば買取価格の相場というものを知りたいのでまずは一括査定サイトを利用するといいでしょう。

更新履歴